借地権のついた不動産を不動産担保ローンに

不動産担保ローンでは、借地権がついた物件や底地権の物件でも、不動産担保ローンで融資をしてもらうことは不可能ではありません。

業者によってはこうした物件を扱うところもありますから、探してみるのもいいでしょう。

借地権があると、不動産の担保価値は所有権のあるところと比較すれば、低くなってしまいます。

借地権は債権ですから、土地に抵当権が設定できないということになるためです。

そのため、所有権のあるところに比較すれば、融資額も低くなることは理解しておきましょう。

借地権がついた不動産担保ローンでの融資額は、路線価×借地権割合×借地面積×(50~60%)のような計算方法を取ります。

建物の評価は、新築と中古では価格が違います。

また、業者によっても解釈が変わってきます。

これに加えて、購入者の属性などを考慮して、最終的な融資のための評価額を算定することになります。

借入期間は建物の耐用年数なども考慮します。

借地の契約期間も考慮に入れて、どちらか短い方を基準に決定します。

この耐用年数は、金融機関が建物別に決定しているもので、木造は20年、鉄骨造は30年、鉄筋コンクリ―トは35年を目安にしています。

借地権である以上、地主の承諾も必須ですから、借地権者が更新料の支払いを遅延している場合などで、お互いの信頼関係がないような場合は、地主が承諾してくれないため、申込みができないというケースもあります。

所有権と違ってさまざまなに考慮することが多いローンの申込みになる覚悟は必要でしょう。

◆気になるサイト⇒法律関連用語「定期借地権」  法テラス|法律を知る  相談窓口を知る  道しるべ