不動産担保ローン、銀行とノンバンクの違い

不動産担保ローンの商品の扱いは、何も銀行に限ったことではありません。

メガバンクはその多くがノンバンクと連携したサービスを行うようになっていますよね。

消費者金融の会社は、多くがメガバンクに連携して業務を行っています。

一昔前のノンバンクに関するイメージは、現在はほぼ払しょくされているということも言えるかもしれません。

不動産担保ローンについて考えるなら、銀行は担保価値よりも法人なら業績、個人ならその人の信用情報などを重く見ます。

審査は詳細で時間とコストがかかり、最終的には融資が下りないというようなこともあります。

その点、ノンバンクや不動産担保ローンの専門業者は、実際の不動産の担保価値をしっかり見ます。

融資に直結する不動産担保ローンの担保評価も、ノンバンクの方が高めに設定してくれるという業者もあるようです。

一方で、銀行は低金利でローンが組めますし、消費者金融などに抵抗感を強く持つ人にとっては、銀行で融資を受けることが、最良のオプションであると考えがちです。

融資をスムーズに銀行から受けられるのならば、不動産担保ローンも銀行ベースで融資してもらった方が、絶対に安心できるという意見もあるでしょう。

しかし、事業のためにどうしても運転資金が必要で、期限的にも猶予がない、少しでも多くの額の融資を、できるだけ手早く受けたいという人もいます。

このあたりはケースバイケースでしょう。

利率だけに着目して不動産担保ローンを選ぶよりは、全体のコスト、かかる時間、それによって起こる損失など、複合的に考えることも大切です。