不動産担保ローン、銀行とノンバンクはどちらが得?

不動産担保ローンで融資を申し込む際に、銀行がいいのか、ノンバンク系がいいのかを、一概に言うのは難しいものです。

不動産担保ローンで実績があるのは、ノンバンク系と提携保証を行う銀行の商品です。

たとえば、大手の不動産担保ローンの専門会社は、長い経験と実績があるので、地方銀などを中心に、多くの不動産担保ローンの商品を扱っています。

ノンバンクと銀行を不動産担保ローンの実績で見れば、銀行よりも取扱いには慣れているともいえます。

ノンバンク系の不動産担保ローン会社は、多くのおまとめローンや乗り換えローンを扱ってきましたから、そうした用途での申込みを考えている人は、専用の商品が多く見つかるでしょう。

銀行にはおまとめローンを目的にした不動産担保ローンの商品はありません。

今後は銀行とノンバンクが提携している不動産担保ローンの商品が拡大していく傾向が、このまま継続していくことになりそうです。

ノンバンクは担保の審査が早く的確ですし、銀行は保証履行の資金がありますから、持ちつ持たれつの関係にあるわけです。

どちらが良いかというのではなく、両方が一緒に商品を開発、販売をしている現状ですから、銀行と提携しているサービスを見ることも大切です。

また、不動産担保ローンでは、利率だけでなく、手数料がそれぞれの業者、商品によって差が出ますから、比較検討をする際には、目先の利率だけで決めずに、それ以外にどのようなコストがかかるのかをきちんと考えて申込むのが大切です。